松山市で、内水(ないすい)ハザードマップ配布。自宅周辺をチェックしましょう

まつやま内水ハザードマップ最近、松山市をはじめ愛媛県内でも大雨などの時に道路が冠水するニュースが流れることがあります。局地的大雨が増加し、田畑の減少で住宅や道路が浸水するのは松山市に限らず全国各地で起こっています。

今回、松山市では大雨時に浸水する可能性がある区域や深さ、危険な箇所などの情報を掲載した「まつやま内水ないすいハザードマップ」を作成し、全戸に配布しています。カラーで危険度が色分けされていますので、松山市の皆さんは自宅や通勤、通学などでよく利用する地域を確認してみてください。

そもそも聞きなれない内水(ないすい)という言葉ですが、松山市によると

※内水氾濫ないすいはんらんとは・・・下水道や水路などの処理能力を超える大雨が降った時に、雨水を河川などに排水できなくなり起こる住宅や道路への浸水被害のことです。(松山市より)

■配布開始
平成29年2月23日(木曜日)~ ※3月末までに配布します。
■配布についてのお問合せ
平成29年3月中に届かない場合は、広報配布センターまでお問い合わせください。
広報配布センター TEL:089-998-4433
※松山市のホームページでも確認することができます。

今回は水色の表紙ですが、同様の冊子でこれまでに松山市では「まつやま防災マップ」も配布しています(赤色の表紙)。こちらは地震などの災害から身を守る方法や地域の避難場所・避難経路を確認することができますので、合わせてご覧ください。こちらは平成27年3月に配布されていますが、引っ越しなどでそれ以降に松山市にお住まいの方は、以下の場所でも配布されています。

■防災マップの配布場所
危機管理課(松山市役所本館5階)
市民課・支所・出張所
消防署・消防支署・救急出張所
市民サービスセンター(松山三越、フジグラン松山、いよてつ高島屋)
■防災マップの閲覧・貸出場所
中央図書館
三津浜図書館
北条図書館
中島図書館

さらに、愛媛県内の方は愛媛県のホームページから各市町の防災マップを確認することができます。こちらには土砂災害危険箇所マップが掲載されています。防災意識を高めるために利用することはもちろん、これから引っ越しや家の新築など新居の建築を予定されている方は、こうした情報を考慮して場所を決めることも重要です。

松山防災マップ

出展:松山市ホームページ
https://www.city.matsuyama.ehime.jp/kurashi/bosai/bousai/keihatu/bousaimap.html

スポンサーリンク
レンタグル大広告
レンタグル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大広告