愛媛FC、3年目のシーズンチケット。他のJ2各クラブの価格を調べてみました。

今シーズンも愛媛FCの観戦に、シーズンチケットを購入します。が、まずは毎年恒例のチケット(カード)探しです・・・。シーズンが終わるとオフの間、約3ヶ月使わなくなるのですがシーズンの開幕が近づくと、どこに置いたか忘れてしまっているのです。2年目の時は、結局再発行しました。。

それはさておき、昨シーズンから購入しているのがA自由席。メインスタンドで、中央よりの端っこはギリギリ屋根に入れそうな感じの場所です。昨シーズンと変わらず30,000円で、開幕戦当日に購入したいと思います。ちなみに今年の愛媛は国体の影響で、こんな注意が出ています。

【愛顔つなぐえひめ国体・えひめ大会開催に伴う影響について】
「愛顔つなぐえひめ国体・えひめ大会」のため、7月~11月上旬までの期間においてスタンドの一部に使用不可・視界不良座席がございます。
(右図参照。図をクリックすると拡大します)

また、S指定席に関しまして期間中のみ指定席から自由席へと変更となります。シーズンシートご購入の際にはご注意願いします。

(愛媛FCホームページより)

ふと、他のクラブの事情が気になり、同等席種のシーズンチケット価格を調べてみました。原則、自由席でメインスタンド、一般価格です。WEB割や早割、継続割など各クラブ工夫をこなしているのですが、標準的な価格より割引率が極端に大きい場合、あるいはメインスタンドに同じような席種がない場合には括弧に追記しました。

まず中四国では、
徳島 25,000円
讃岐 36,000円
岡山 31,000円
山口 42,000円

で、山口が強気の設定ですね。さらに九州に行くと、J1経験のある福岡が4万円台、大分がちょっと独自の価格設定ですが、継続するとかなり割引が大きくなります。
福岡 40,000円(ゴール裏寄り・自由席)(60,000円・指定席)
長崎 35,000円
熊本 32,000円
大分 75,600円(S指定席・継続10年以上55,900円)
A席(一般・バックスタンド48,300円・継続10年以上35,700円

次は関西から北上していきますが、やはりJ1経験クラブは高めの設定です。松本はスタジアムが独特でメインスタンドの割合が小さいためでしょうか。メインスタンドで中央よりは指定席となり、68,000円!
京都 32,900円(SM自由席)
岐阜 45,000円 (継続早割35,000円)
名古屋 49,600円(カテゴリー4)
金沢 30,000円
松本山雅 41,000円(B席)68,000円(S指定)

そして関東エリアですが、こちらは横浜FCを除いて東京周辺が高めの設定ですね。
湘南 43,000円
横浜FC 32,000円
町田 45,000円(メインS席)
東京V 40,000円(MBブロック席)
千葉 39,500円
群馬 30,000円
水戸 30,900円

最後に、今年関東より北のクラブは山形だけでしたがJ2ではまずまずの価格です。
山形 46,500円

スタジアムの構造などで一概には比較できませんが、地方にある愛媛はJ2で一般的な価格設定といったところでしょうか。それにしても今シーズン、何試合ニンジニアスタジアムに足を運べるでしょう。

スポンサーリンク
レンタグル大広告
レンタグル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大広告