LED電球を交換。最近の電球は、保証期間が延びていることをご存知ですか?

LED電球交換

数年ぶりに、LED電球を交換しました。ホームセンターで物色していて、一番安い電球にしました。写真の左が以前使用していたLED電球です。明るさはそれほど変わらないのですが、一回りコンパクトになっています。また、今回の電球は「広配光」となっていますが、確かに光はよく広がるようになっています。

色は電球色ですが、以前の電球色よりも濃いオレンジになりました。以前の電球色が、どちらかといえば温白色に近い色味だったので、この辺りはなかなかつけてみないと分からないところです。

LED電球の最安値帯は数年前とそれほど変わっていないようですが、電球自体の性能は確実に上がっていると実感できました。なにより、驚いたのは5年保証がついていること。以前は1年くらいの保証だったような気がします。

実際、出始めのころのLED電球はよく切れていました。1年から2年で切れることがよくあり、これはメーカーによらず、製造時の初期不良です。こういったLED照明器具の場合は、メーカーも保証期間が過ぎていても交換してもらえることがありました。10年くらい持つだろう、と思って導入したLED照明器具が短期間で切れると、消費者心理としては納得いかないですよね。

調べてみると、今回のアイリスオーヤマの場合、今年の4月から5年保証になっていました。それだけ、製品の品質が向上したということでしょうね。

LED電球・LEDシーリングライト5年保証制度について(アイリスオーヤマより)

実際にはフリーダイヤルに電話をして返品、代わりの電球を発送してもらう流れになるようです。パナソニックも昨年末から5年保証に対応、こちらはWEBでの交換申し込みも受け付けています。東芝ライテックは、現時点ではまだ1年保証です。

最後に、アマゾンで価格をチェックしました。今回はすぐ必要だったので店頭で購入しましたが、やはりネットショップで検索すると、数年前より価格も下がっていました。アマゾンだと80W相当で500円+税。でも送料が600円でした。。ちなみに、アイリスオーヤマの公式通販よりも、今回購入したほうが安価でした。身近な商品は、やはり店頭での購入が安心ですね。

スポンサーリンク
レンタグル大広告
レンタグル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大広告