[住宅ローン]フラット35に団信がつきます。借入の選択肢が広がる?

土地

住宅ローンをご検討の方に朗報となるでしょうか。10月1日から、フラット35は団信込みになります。

【フラット35】は団信付きの住宅ローンになりました。
(平成29年10月1日以後に【フラット35】をお申込みの方に適用されます。)

【フラット35】を平成29年10月1日以後にお申込みいただいたお客さまから、月々の【フラット35】のお支払いに団体信用生命保険の加入に必要な費用が含まれるため、年払いでの団信特約料のお支払いが不要になりました。
保障内容も充実し、ますます【フラット35】が利用しやすくなりました。

※平成29年9月30日までに【フラット35】をお申込みの方は保障内容などが異なります。詳しくは、こちらをご覧ください。
※健康上の理由その他の事情で団体信用生命保険に加入されない場合も【フラット35】をご利用いただけます。(フラット35ホームページより)

基本的に、団体信用生命保険(新機構団体信用生命保険制度・団信)は、加入者が死亡あるいは所定の身体障害状態になられた場合などに、債務の返済が不要となる生命保険です。これまで、フラット35では任意の加入でしたが、銀行のローンによっては金利に含まれることもあります。

愛媛なら、伊予銀行のまるごと住宅ローンワイドには団信の費用も含まれています。少し前、金利だけ見るとフラット35Sの金利が伊予銀と並んで最安価格帯の時がありましたが、団信が含まれる分、伊予銀行のほうが有利でした。

10月の金利を見たところ、フラット35がじりじりと金利が上がっている一方で、伊予銀の方はさほど上がっておらず依然として金利で考えると伊予銀行のほうがお得な状況です。現時点ではこのような状況ですが、全体的な傾向としてやや金利が上昇傾向にありますので、今後は伊予銀行の金利が上がることも考えられます。

一定期間固定のローンの他にも、変動金利など住宅ローンの選択は悩ましいところですが、ライフスタイルに合わせて上手に選択して返済額を抑えていきたいところです。

スポンサーリンク
レンタグル大広告
レンタグル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大広告