感謝!愛媛FC、いよいよ来場者が100万人を突破。ディズニーの7億人に届くのはいつ?

ニンジニアスタジアム甲府戦

4月28日、ニンスタで100万人目の入場者を目指しませんか?

個人的には少し前からカウントダウンをはじめていましたが、愛媛FCは間もなくJリーグでの通算入場者数が100万人突破することを記念した企画を行うことになりました!

あと2716人で達成となるのですが、次節は4月28日土曜日の松本山雅戦。ニンジニアスタジアムでは、今シーズンの平均入場者数が2781人ですので達成の可能性は高いのですが前節の甲府戦が2255人だったので、5月6日日曜日の栃木戦に持ち越される可能性もあります。

ということで、両方の試合で100万人突破のイベントが企画されているようで、いずれにしてもゴールデンウィーク中の達成が見込まれている状況です。

ただ、こういう興行なのでGWは集客が伸びそうな気もするのですが、愛媛FCに関しては苦戦しています。だいだい例年のGW期間中のホームゲームは平均入場者数くらいの集客で、GWの影響はプラスに働いていません。

むしろ、2015年の4月29日(祝)北九州戦は太陽石油のマッチスポンサーデーにも関わらず2602人。天候は曇りでした。今年と同じく5月6日にも札幌戦があったのですが、こちらも3124人と低調でした。どうしたものでしょうか。そういう私も28日は参戦できませんが。。

とはいえ、28日にスッキリ達成してもらって愛媛FCの新たな歴史を刻んでほしいものです。イベントも、これまで訪れてくれたサポーターへの感謝はもちろん、新しいサポーターを獲得するチャンスにしてもらいたいですね。

桁違いのディズニー。7億人を突破

ということで、こうした節目の来場があったときに他ではどのような企画をしているのか調べてみました。

しかし、Jリーグではあまり節目の集客は意識していないようです。それでも、愛媛FCの100万人も地方の集客としては大きな数字ですから、こうした数字は各クラブとももっと強調してもいいと思います。

そこで、愛媛でほかの施設の状況を見てみると、少し前(2013年)に坂の上の雲ミュージアムが開館7年目で100万人を達成、野志克仁市長が来場者とくす玉を割ってお祝い。100万人目の来場者本人と家族が生涯観覧無料になるパスポートと、オリジナルストラップや松山産の「ぼっちゃん島あわび」などを受け取っています。

四国の主要観光地、集客が多い施設はどこ?愛媛はやっぱり?
四国運輸局は、平成28年度四国の主要観光地入込状況を発表しました。四国の観光地の集客状況ですが、さっそくベスト10は 1位 松...

こちらでも紹介しましたが、坂の上の雲ミュージアムと愛媛FCの年間入場者数は比較的近い数字ですね。

ちなみにJリーグに話を戻すと、2017年に入場者数がJ1トップだった浦和は57万人。2年に一度、100万人のメモリアルマッチができますね~。同じくJ2では名古屋の32万人は別格として、松本が25万人、岡山が20万人弱。街の規模からすると、愛媛もこのくらいまでいきたいですね。

そしてディズニーランドでは、2017年にゲストがなんと7億人を突破!ミッキーマウスらにお祝いしてもらっています。愛媛のディズニーランドはいつ7億人に達するのでしょうか・・・。

話をJリーグに戻すと、2017年はJ1~J3、YBCルヴァン・カップなどを合わせた総入場者数が1078万9107人で過去最高を記録したと発表しています。

最終節あたり、Jリーグの各会場で、1000万人目の入場者をお祝いするイベントをやれば、普段Jリーグに興味がない人たちにも話題を作れたりするような気がするのですがどうでしょうか。

ということは、Jリーグも通算すると億単位の入場者数になっているんですね。

スポンサーリンク
レンタグル大広告
レンタグル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大広告