松山空港に到着。改めて、ニンジニアスタジアムに向かう最短ルートを検証

松山空港

松山空港経由、ニンジニアスタジアムへ向かうアウェイサポーターの皆さん。遠くからお越し頂き、ありがとうございます!改めてですが、松山空港からニンスタへ行くルートを調べてみました。基本的に以下、どちらかのルートになると思います。

まずは定番、松山市中心部へ向かうルート

松山空港リムジンバス路線

リムジンバス運行経路:伊予鉄ホームページより

王道としては松山市中心部へ向かうリムジンバスに乗り、そこからニンジニアスタジアムへ向かいます。この地図でニンスタはR33の下になります。

この時の運賃、所要時間は

松山空港から松山市駅:24分/560円
松山市駅からニンジニアスタジアム:50分/510円
※サポーターズチケットの場合、市駅〜ニンスタは実質運賃無料
愛媛FC公式>チケットを購入>チケット情報を参照)

乗り換えを含めると、順調に行って1時間半でしょうか。サポーターズチケットを利用すると、運賃は大人で560円でOK。チケットに往復のバス代が含まれるお得なチケットなので、松山市内へ帰ってくるバス代込みです。

松山市駅周辺が繁華街となっているので、試合観戦を兼ねて松山市内の観光をするならこのルートがおすすめ。

例えば空港についてまず松山城を目指すなら、リムジンバスでそのまま大街道へ。さらに、リムジンバスの終点は道後温泉になっています。

ただ、空港についてニンスタに直行しようとすると1時間以上かかってしまうのが難点。ちょっとハードなので前泊(後泊)して観光も、というのがベターですね。

とにかく愛媛に着いたら即スタジアム!のルート

そこでもうひとつのルートは、空港に着いたらとにかくニンジニアスタジアムを目指す場合。

これまでには、こんな活動もありました。

大変遅くなりましたが、表記の活動のご報告です。 この活動は、はるばるご来県頂くことに加え、本年6月にフクダ電子アリーナに私どもがお邪魔した際に、オ〜レくん、たま媛ちゃん、一平くん達にとてもよくして下さったこと、また愛媛の物産をたくさんご購入いただいたことへのお礼も兼ねて行ったものですが、その背景には、過去に(天皇杯やJ...

以前からこのルートを利用される方もいらっしゃると思いますが昨年、愛媛では国体があって空港からニンスタ方面へは新しく環状線ができています。

実際、日常的に新しくできた外環状を利用するとニンスタのある砥部方面から空港、松前方面はすごく近くなった実感があります。

今のところ、残念ながら空港からバスでこの環状線を使ってニンスタへ行くルートはありませんので、タクシーなら?と思って改めて調べてみました。

松山空港からニンジニアスタジアム:34分/4,260円
※株式会社ユーキソフトにて

まず時間に関しては、もっと早く行けると思ていたので意外でした。

検索では渋滞が考慮されないようなので、外環状を通っても通らなくても所要時間がほぼ変わらずという結果に。。外環状を使わないルートだと、渋滞にはまってまず34分は不可能だと思います。

そこで、実際に外環状を使って走ってみると32分!こちらのルートの検索結果はかなり正確でした。実はこの外環状、まだ空港周辺が工事中なので空港から環状線に乗るまでに渋滞してしまいました・・・

それでも32分なので、これがすべて開通すると間違いなくニンスタまで30分は切りそうです。左手に松山城、くるりん、坊ちゃんスタジアムを見ながらニンスタに行くことができます。

そして、料金的には1人で使うにはちょっと、という感じなのですが4人なら1人1,065円。これで30分なら、悪くないかもしれません。

タクシー会社によると状況次第で3000円台でいけるのでは?という話もあるのですが、これは実際に乗ってみた人に聞いてみたいところです。

今後の理想としては、松山空港から松山市内へ向かうように、空港からニンスタ(砥部)方面へのバスがあれば早く、安価に移動できそう。砥部で後泊できて、翌日ゆっくり松山観光・・・なんてコースができるといいですね。

結論、今のところリムジンバスが有利

結論としては、観光をするなら市内へのリムジンバスを使ってニンスタへいくのがベター。大人数ならタクシーもありだと思います。

ただ、いずれにしても、現状は松山市駅経由の場合、外環状経由の場合もいずれも車の場合渋滞が予想されます。松山市内では松山まつり(8/10~12)があり、そして夏休み中は松山インター付近が渋滞しますので、時間には余裕を持って動いてくださいね。

松山市内中心部にスタジアムがあれば、便利なのは間違いないんですが。。現実はすぐ動きそうにないので、現状を打開する方法は色々考えてみるしかないですね。

スポンサーリンク
レンタグル大広告
レンタグル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大広告