今年の松山市都市景観賞は本格派。デザイン歯科に行ってみる?

松山都市景観賞第9回松山市都市景観賞が発表されました。受賞したのは松山市和泉南の大橋歯科矯正歯科。設計したのは広島にある設計事務所UIDです。この都市景観賞には応募の規定があり、ノミネートされるのは必ずしも今年度竣工した物件というわけではなく、大橋歯科矯正歯科も2013年の作品です。選考会長の長谷川逸子さんによると

「前面のパーキングにランドスケープデザインを導入し、その植栽は分散し重層する外壁の間にもそのデリケートな植物を植え込み、敷地全体に優しい植物が導入されて新しい都市建築をつくっています。外壁は杉板横張りの美しい仕上げで長く保存されることを期待して大賞としました」とのこと。

さっそくUIDのホームページを確認すると、建築専門のメディアでは受賞以前にも各方面で紹介されていました。GA(123)にも掲載されていますが、全国誌で愛媛の建築が掲載されることはまれ。また機会があれば、新建築やGAなど全国誌に掲載されている県内の作品まとめをつくってみたいと思います。

建築作品の評価というのは様々ですが、GAや新建築社の出版物に作品が掲載されるということは、建築を志す者にとっては大きな目標の1つではないでしょうか。ここはサッカーファンに向けたブログでもありますから、敢えてサッカー界で例えると、GA掲載はシーズン終了後のアウォーズでベストイレブンに選ばれるようなこと、と言えるでしょうか。いずれにしても、こうしたクオリティの高い作品があるということは、愛媛の建築界にとっては歓迎すべきこと。なかなか優れた作品が生まれにくい土地柄ですが、今後もこうした意欲的な作品が生まれることに期待したいところです。

スポンサーリンク
レンタグル大広告
レンタグル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大広告