新築でもNTT回線不要に?ソフトバンクが「おうちのでんわ」の受付を開始

ソフトバンクおうちのでんわ

出典:ソフトバンク
https://www.softbank.jp

7月5日から、ソフトバンクが「おうちのでんわ」の受付を開始します。これは、何気にすごいサービスです。ソフトバンクのスマホや置くだけWi-Fi「Softbank Air」とセットで月額基本料が500円という価格設定がまず安い!

月額500円から運用可能。固定費の削減に
通常、NTTの固定電話を家庭に設置すると最低でも1,600円/月くらいかかります。これにオプションやインターネットのサービスを追加していく格好です。これまで、固定電話の選択肢はNTTかケーブルテレビでした。松山の場合、ケーブルテレビにするとケーブルプラス電話すれば1,300円/月くらいになります。少しでも固定費を下げようとすると、ケーブルテレビやインターネットのサービスも併せて、お得に運用することはできました。

それが今回、ソフトバンクやワイモバイルのケータイなどとセットで500円/月になります。固定電話はほとんど必要ないけれど、無くすことはできない・・・という方は多いのではないでしょうか。ソフトバンクのサービスを使っている方は、毎月の固定費を削減するチャンスです。

宅内への配線が不要!NTTが必要なくなる?
ただ、驚きだったのは、固定費ではありません。むしろ、おうちのでんわの「電話ユニット」の仕様です。通信方式として4GLTEを採用していること。スマホと同じですね。ということで、配線工事が不要です。Softbank Airも配線不要のWi-Fiですから、宅外から宅内への配線が不要で固定電話やインターネットの回線がおうちの中で成立するということです。

実際、インターネットの回線速度を求めようとすると、NTTの光サービスにもメリットはあります。が、低価格で一定のサービスが利用できるのであれば、今回ソフトバンクが発表したサービスは検討の価値がありそうです。

住宅を新築する際、これまでは必ずNTTの配線を引き込む空配管を施工していました。場合によっては、そこから各部屋へ家庭内のLAN配線のためにあちこち配管を持っていきます。しかし、おうちのでんわを検討することで、これらの設備が不要になります。

あと、宅内に引き込まれるのはテレビアンテナの配線と電線。テレビは地デジになってかなり電波の感度がよくなり、宅内アンテナでも見える地域が増えています。そもそも、テレビ放送自体もインターネットのサービスに飲み込まれようとしています。実際、サッカーの中継はDAZNが担うようになりました。

残りは電気。こちらも蓄電の技術が進歩すれば、太陽光とセットで宅内で発電、消費が自立する日が来るかもしれません。そうなると、住宅は外部の配線がない独立したハコになる日が来るかもしれませんね。

スポンサーリンク
レンタグル大広告
レンタグル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大広告