松山のうどんといえばここ。銀天街の路地裏にたたずむ鍋焼きうどん「ことり」

ことり銀天街

松山のソウルフードといわれる「ことり」です。銀天街の路地を入っていくと、どこか懐かしいたたずまいですね。中の様子が外からは分からないので、初めて入るときは一瞬躊躇してしまいそうですが、まさに昭和の食堂です。

店内に入ると「うどんでよかったですか?」と聞かれます。皆さん、鍋焼きうどんを食べています。これだけ、全員が同じものを食べる飲食店も珍しいのでは。お好みで、いなりを注文する方も。

しばらくすると、鍋焼きうどんが到着。と同時に、席で会計(鍋焼きうどん・550円)を済ませます。昭和24年、先代が「子どもに食べさせたい・・・」とはじまった老舗「ことり」。そのせいか柔らかい麺で、最近の松山で多い甘いうどんよりは、少しさっぱり。鍋焼きうどんなのですが熱すぎず、すぐ食べられました。

ことり鍋焼きうどん

女優の宮本信子さんもいきつけということり。実際、年配の女性も多くお店にいらっしゃっています。子どもからサラリーマン、老若男女、幅広い客層です。

・ことり
松山市湊町3-7-2
営業:10~14時(売切次第終了)定休日:水曜日
TEL089-921-3003

松山のグルメ「鍋焼きうどん」のご紹介。

定休日や、売り切れて閉店している時は近くの「アサヒ」もどうぞ。

・アサヒ
松山市湊町3-10-11
営業時間:10時~17時(売り切れまで)定休日:水・第2火曜
TEL089-921-6470

近々、銀天街は再開発が行われる予定です。

銀天街L字地区の再開発で街が変わる。ビル3棟が2021年度末竣工へ
かねてから計画が進められていた銀天街のL字街区。銀天街と大街道が交わる場所ですが、再開発が2020年にスタートすることがニュースとな...

松山中心部の散策は、

松山散策の拠点。松山市駅周辺の、ちょこっと立ち寄りポイントは
JRで松山に来ると「松山駅」で降ります。当たり前のようですが、松山にはもう一つ、「松山市駅」という駅があります。こちらはいわゆる市電...
スポンサーリンク
レンタグル大広告
レンタグル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大広告