西条・糸プロジェクトで若手9組の建築家が選ばれる

4月15日、西条市ひうちの市総合体育館で糸プロジェクトの公開プレゼンテーションが行われました。今回の住宅設計コンペには、1次審査で325点(応募登録493件)の応募があり、その中から既に17点が選ばれていました。今回の公開プレゼンテーション(2次審査)の結果、9組が選ばれました。

私は都合により急遽欠席してしまったのですが、翌日の愛媛新聞によると西条市出身の安部晋太郎さんを含む9組が選ばれたようです。紙面にはその他の通過者の情報はありませんでしたので、『新建築』2017年6月号および新建築のウェブサイトで発表を待つ形になるでしょうか。どこかで情報が出ていれば、またこちらでも紹介したいと思います。

No.459
安部晋太郎(長谷川逸子・建築計画工房)
中澤宏行(SUGAWARADAISUKE)

ちなみに安部さんが現在所属している事務所の長谷川逸子さんは、松山でミウラートヴィレッジなどを設計し、まつやま景観賞で選考会長を務めるなど、愛媛にも縁の多い方です。

スポンサーリンク
レンタグル大広告
レンタグル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大広告